年末年始対応についてのお知らせ詳細をみる→
  • TOP
  • 宮城県気仙沼市

来て・観て・感じて 気仙沼

宮城県気仙沼市

気仙沼市は、宮城県北東部の太平洋岸に位置し、四季を通して静穏な気仙沼港は沖合いや遠洋へ船出する漁船の一大基地となっており、魚市場には地元リアス海岸、続く三陸沖や世界の海で獲れた魚介類が並んでいます。
この恵まれた環境により本市は、気仙沼の代名詞ともいえるフカヒレや、水揚げ日本一を誇る生鮮カツオ、朝ドラで有名になった牡蠣などの海産物はもちろんのこと、いちごや松茸などの農産物や、B級グルメとして人気の気仙沼ホルモンなど、豊かな食材であふれており、美食の街となっています。

鹿児島県垂水市上町114番地
気仙沼市のキャラクター
海の子 ホヤぼーや

ホヤのアタマにホタテのベルト、サメの皮のマントを羽織り、手にはサンマの剣を持った気仙沼の海の王子。誰に対しても優しく、素直な性格 (ちょっぴり恥ずかしがり屋)です。 海の中では、自然の恵み豊かな気仙沼の海を仲間達と守ってます。

宮城県気仙沼市八日町一丁目1番1号

主な産業・観光・特産品

日本一のツツジの名所と呼び声高い徳仙丈山は、5月中旬から下旬にかけて満開を迎え、圧倒的なスケール感で咲き誇り、山全体を赤やオレンジに染め上げます。
また、「気仙沼漁港」にある気仙沼市魚市場には、世界三大漁場に数えられる三陸沖の漁場から毎日旬の魚介類が大量に水揚げされます。近海漁業のみならず、遠洋漁船の母港にもなっており、カツオ、サンマ、メカジキ、サメなどは全国屈指の水揚げを誇ります。

本市は、東日本大震災により大きな被害を受けましたが、皆様からの心温まるご支援を賜り、ようやく気仙沼らしいまちの姿を取り戻しつつあります。
復興の完遂に向けて歩みを進める気仙沼市へ、皆様の更なるご支援、後押しをお願いいたします。

自治体概要

人口 59,316人
面積 332.44 km2
世帯数 26,265世帯
公式サイト https://www.kesennuma.miyagi.jp/index.html
観光情報サイト https://kesennuma-kanko.jp
※令和4年9月1日現在

再生可能エネルギーの
取り組みについて

宮城県北東部の太平洋岸に位置する、みなとまち気仙沼市で取り組む再生可能エネルギーを紹介します。

太陽光
件数
277
合計出力
80.3 MW
風力
件数
3
合計出力
7.5 MW
バイオマス
件数
2
合計出力
0.8 MW
※2022年6月30日時点
(出典)経済産業省資源エネルギー庁事業計画認定情報公表用ウェブサイト

施設紹介

気仙沼市本吉町漆原太陽光発電所

本発電所は2014年にリニューアブル・ジャパン株式会社が宮城県気仙沼市へ事業提案を開始、2016年2月に同市と立地協定を締結し建設計画が動きはじめ2018年2月に宮城県大規模開発等許可を得て工事開始に至りました。
本事業の推進に際し、気仙沼市をはじめとし地元の皆様の多大なるご協力の下、2020年10月に計画から約6年の歳月を要し、売電開始日を迎えることができました。
東日本大震災で大きな被害を受けた地で、復興の一助となる事業の始動、気仙沼市のシンボル的な事業としてしっかりと地域に根差し安全第一に管理運営を行っています。

名称 気仙沼市本吉町漆原太陽光発電所
所在地 宮城県気仙沼市本吉町
定格容量 31.7MW
運転開始時期 2020年10月
事業者
合同会社気仙沼漆原

気仙沼市本吉町漆原太陽光発電所の事業者である合同会社気仙沼漆原は東急不動産(株)とリニューアブル・ジャパン(株)が共同で出資を行っています。両社は地域の住民の皆様の憩いの場としてモーランドパークゴルフ場整備事業への助成を始め、地域交流を育む取組みにも力を入れています。